イタリアの国営テレビにて

10/20(金)にSaffiで行わせていただいた文化交流事業の様子をイタリアの国営テレビに取材いだきました!

https://www.rainews.it/dl/rainews/TGR/media/tos-Giappone-Saffi-cucina-cultuia-scambio-28dee19c-cf33-47c2-8546-0fa0ee116150.html

「10/21(土)の市民祭に向けて、学生と教師のための貴重な文化交流」と記事にしていただいていますが、実際に20日に学んだ日本の文化、挨拶などをすぐに実践してくださっている生徒さんをみてとても嬉しくなりました。

生徒さんが市内観光ツアーを行ってくださったり

お料理を振舞ってくださったり

「昨日はありがとう!」とお互いに声をかけあう場面も。

日本文化を伝えにいくだけではなく、イタリアと日本、そして個人個人の関係を育むことができました。

関係を育んでいく中でトスカーナ日本人会の皆様にも大変お世話になりました。

そして今回は川越style倶楽部だけではなく、全国やきとり連絡協議会の皆様、和歌山県海南、黒江ジャパンの皆様も加わり、国内の輪もどんどん広がっています。

そんな私たちが歩く道を、ものがたり法人FireWorksの皆様がムービーとタブロイド紙にしてくださいます!公開をお楽しみに!!

それぞれの道へ

2日間に渡るイタリアの国立調理学校でのイベント、日本文化交流会とやきとリンピックが無事終了。

2日目のやきとリンピックでは、前日の日本文化交流会でならった日本の挨拶を早速実践して声をかけてくれる生徒さんがたくさん!

22日の今日はフィレンツェを発つ人、フィレンツェに残る人、そのまま別の国へ発つ人…
またそれぞれの道へ。

私、榊原は今ローマの空港でこの記事を投稿しています。

私の人生にフィレンツェが刻まれたことを、本当に嬉しく思っています。

懇親会!

懇親会が始まりました。
18日に集合してから本日まで、今事業に携わったみんなで乾杯!

2回目の乾杯は鏡山で「サルーテ(Salute!)」

そして最後は川越締め(最後の一本だけ一緒に打ちたかったので画像が途切れてしまいました…!)

やきとリンピック2017フィナーレ

盛り上がりのフィナーレ!
今年もぜひ!と学校側からオファーがあった桜縁座さんのパフォーマンスにみなさん釘付け。

校長先生のお話中、写真撮ろうよ!!と後ろで先生も生徒も大盛り上がり。

先生にも生徒にも大人気の山口さん。先生に掲げられています!

カレーの匂いに誘われて…

大行列!!!

極選川越米×彩の国が誇る4種類のカレーはイタリアでも大人気!
限定50食、を少しでも多くの方に!なんとか80食、イタリアのみなさんにご堪能いただきました。

カレーはもちろんの事、ごはんも大人気だったようで、
はやくはやく!!と注がれる視線は相当プレッシャーだったそうです・笑

撮影

朝8:30の公園 in フィレンツェです☆

※ちなみに昨夜のIK事件からの、朝8:30です・笑

今年も、ものがたり法人Fire Worksさんが私たちのものがたりを動画や写真で紡いでくださっています。

単なる「イベントの様子を撮影」ではありません。「報告用動画」でもありません。

フィレンツェの街でこんな一幕も…♪

今年はどんな映画ができるのか?昨年の映画はこちら

IK社長-フィレンツェこぼれ話-

海外にトラブルはつきものですが、今回最大の事件がこちら。

IK

そう、インキー事件です・笑

私榊原は今事業とは別で操体講義を指圧スタジオでさせていただいていたので渦中にいなかった…というか渦中を逃れた?のですが。

その日はうさぎ料理を堪能されていた皆様。

2次会に行かずに先に戻るわーとホテルに戻られたIK社長。
このお部屋は3人部屋。

同室の2人がただいまーと深夜戻ると、ドアを開けてあげようとしたIK社長。

ガチャ

あ…

部屋の鍵閉まる。
部屋着の短パン姿で締め出されるIK社長。そして同室のお二人。

イタリアの宿やアパートメントはドアがたくさん、門の鍵、フロアの鍵、部屋の鍵など鍵もたくさんあるんです。
そして、スタッフはフロントに在中していない宿がほとんど。

というわけで、こーんな素敵なアパートメントなのですが、
IKで締め出された3名さま。

夜中の2時。

フィレンツェの夜をさまようことになります…。

シャッターが9割方しまっているにもかかわらずHibiki-anのメンバーに助けを求め、ホテルを手配してもらうもパスポートがなくて泊まれず。

助けてくださーい!

と駆け込んだのは、今回撮影をお願いしているFireWorksのみなさんのお部屋。

深夜まで撮影をしていてやっと部屋に戻ってきたところに…
まだ起きていたのが運の尽き。

「今まで何百回も海外にいってるけど、IKなんで初めてなんだよオぉおお!」

という長時間に渡る弁解に寝るに寝られず…
バッテリーも充電中で類稀なる事件ナウにもかかわらずカメラもまわせず…

翌日の朝を迎えるのでした…笑

ちなみに私は「みなさんどこで飲んでますかー?」
のメッセージがみなさま充電が切れていて届かず、
こんな事件が巻き起こっていたとはつゆ知らず、次の日の朝の撮影を迎え、
突然の撮影場所(IK事件のアパートメントで行う予定だった)とメンバーの変更(IK社長も一緒にインタビューの予定だった)を告げられました・笑

きっとこの話はあと数ヶ月は話題にのぼることでしょう。

おちゃめなIK社長さんのフィレンツェこぼれ話でした♪

閉会式

暖かい拍手に包まれて閉会。講座内容に喜んで頂けただけでなく、細やかな心遣いがうれしかったというお言葉を生徒さんからいただきました。

私たちも講座を行う中で生徒さんの温かさに救われた部分がたくさんありました。

やはり言葉が違い、通訳さんを通して行う講座は日本で行うものとはちがい、たくさん勉強させていただいました。

閉会式のあとはみんなで写真撮影。

お昼は生徒さんが給仕くださり、イタリア料理を堪能させていただいています♪

 

 

盛り上がってます!

おぉ!と歓声があがったり拍手が巻き起こったり。

集合写真を撮ったり

みなさんノリが良くそれでいて真剣!

何か質問はありますか?と言うと、必ず手が上がります。

日本の習慣と作法の講座は急遽閉会式でも!

みんなで3種類のお辞儀を実践!会場は大盛り上がりでした^ ^