海南市と川越市のルネッサンスinフィレンツェ

今回のフィレンツェ事業は、海南市の黒江ジャパン、紀州漆器協同組合のみなさまも一緒にご参加くださいました。

私はバタバタの中、こんなすんごいことが起こっているとはつゆ知らずだったのですが(実物を拝見したかった…)、

海南市黒江の紀州漆器と川越style倶楽部の総実行委員長、スガ人形店の須賀栄治さんがデザインした雛人形がルネッサンスの地でルネッサンス!!!

さらにこのルネッサンス雛人形はフィレンツェで展示された後、現在どこに飾られているかというと…
在ルクセンブルク日本大使館の大使室!
今月大使館で行われる大切な行事でお客様のお迎えに飾られるそうです。ドキドキの詳細はまた後日改めてご報告できると思います^ ^

川越style倶楽部の活動に参加するようになって3年経ちますが、
今でもスケールが大きすぎてよく分からないことや、そんなすごいことが起こっていたとは!!と後から知ってびっくりすることも多々あります・笑

ただ、常に言えるのは、
今回私たちもこのフィレンツェ事業に参加させていただきながら、それとはまた別に現地の指圧スタジオで講義と施術をさせていただいたように、
一つのイベントの成功に向かって集まりながら、同時並行でそれぞれがそれぞれの仕事や自分自身のためにプラスになったりワクワクすることをしたり、コラボをしたり、新たな何かを生み出したり、ご縁を紡いだり、がメンバーひとりひとりに巻き起こっている、ということです。

巻き起こっている、というよりも、巻き起こしているんですね。
現地集合現地解散に全てが現れている気がします。

事業規模も違えば事業内容も違う。年齢も立場も違う。
それぞれの道を歩きながら、時々手をつないだり、時に引っ張ってくださったり、背中を押してくださったり…。
それが川越style倶楽部です。