IK社長-フィレンツェこぼれ話-

海外にトラブルはつきものですが、今回最大の事件がこちら。

IK

そう、インキー事件です・笑

私榊原は今事業とは別で操体講義を指圧スタジオでさせていただいていたので渦中にいなかった…というか渦中を逃れた?のですが。

その日はうさぎ料理を堪能されていた皆様。

2次会に行かずに先に戻るわーとホテルに戻られたIK社長。
このお部屋は3人部屋。

同室の2人がただいまーと深夜戻ると、ドアを開けてあげようとしたIK社長。

ガチャ

あ…

部屋の鍵閉まる。
部屋着の短パン姿で締め出されるIK社長。そして同室のお二人。

イタリアの宿やアパートメントはドアがたくさん、門の鍵、フロアの鍵、部屋の鍵など鍵もたくさんあるんです。
そして、スタッフはフロントに在中していない宿がほとんど。

というわけで、こーんな素敵なアパートメントなのですが、
IKで締め出された3名さま。

夜中の2時。

フィレンツェの夜をさまようことになります…。

シャッターが9割方しまっているにもかかわらずHibiki-anのメンバーに助けを求め、ホテルを手配してもらうもパスポートがなくて泊まれず。

助けてくださーい!

と駆け込んだのは、今回撮影をお願いしているFireWorksのみなさんのお部屋。

深夜まで撮影をしていてやっと部屋に戻ってきたところに…
まだ起きていたのが運の尽き。

「今まで何百回も海外にいってるけど、IKなんで初めてなんだよオぉおお!」

という長時間に渡る弁解に寝るに寝られず…
バッテリーも充電中で類稀なる事件ナウにもかかわらずカメラもまわせず…

翌日の朝を迎えるのでした…笑

ちなみに私は「みなさんどこで飲んでますかー?」
のメッセージがみなさま充電が切れていて届かず、
こんな事件が巻き起こっていたとはつゆ知らず、次の日の朝の撮影を迎え、
突然の撮影場所(IK事件のアパートメントで行う予定だった)とメンバーの変更(IK社長も一緒にインタビューの予定だった)を告げられました・笑

きっとこの話はあと数ヶ月は話題にのぼることでしょう。

おちゃめなIK社長さんのフィレンツェこぼれ話でした♪

閉会式

暖かい拍手に包まれて閉会。講座内容に喜んで頂けただけでなく、細やかな心遣いがうれしかったというお言葉を生徒さんからいただきました。

私たちも講座を行う中で生徒さんの温かさに救われた部分がたくさんありました。

やはり言葉が違い、通訳さんを通して行う講座は日本で行うものとはちがい、たくさん勉強させていただいました。

閉会式のあとはみんなで写真撮影。

お昼は生徒さんが給仕くださり、イタリア料理を堪能させていただいています♪

 

 

盛り上がってます!

おぉ!と歓声があがったり拍手が巻き起こったり。

集合写真を撮ったり

みなさんノリが良くそれでいて真剣!

何か質問はありますか?と言うと、必ず手が上がります。

日本の習慣と作法の講座は急遽閉会式でも!

みんなで3種類のお辞儀を実践!会場は大盛り上がりでした^ ^

 

日本の習慣と作法講座

こちらの講座は須賀栄治さん、仁居弘一さん、五十嵐昭洋さんによるコント仕立ての講座。

さすが先輩方!!
授業は大爆笑に包まれ、3人はすっかり生徒さんたちの人気者。

閉会式で再度挨拶の復習。
3人が前に出ただけで笑いと完成に包まれる会場。

こんにちは、ありがとうございます、ごめんなさい!
とお辞儀をしながら繰り返し。

こんな一幕も・笑

追記

次の日のやきとリンピックの会場ではすっかり日本式の挨拶が生徒さんに根付いていました。すごい!!

整体講座

私榊原は主人の整体講座の補佐を行いました。

こちらの講座は日本で生まれた整体「操体法」を生徒さんに実践いただく講座。

現在のからだの状態を確認するために前屈をしてもらったらみなさんとてつもなく硬い…!

前への歪みをただすセルフケアをお教えしたのでセルフケアを続けていただいてからだがほぐれると良いなぁと切に願っています。

とにかく真剣かつノリの良い生徒さんたち。

変化が見えるとオォ!と歓声が上がったり、拍手が巻き起こったり。
質問の手もたくさん上がるのが嬉しいです。

終わった後、「ありがとうございました」と日本語でお礼を言ってくださったり、握手を求めてくださったり、写真とりましょう!と言ってくれるのもとっても嬉しいですね。

私含め日本人はもじもじしてしまいがちですが、
コミュニケーション力とオープンな姿勢、120パーセントのパッション!その瞬間を楽しんでいる様子…とっても気持ちがよく、生徒さんや先生と接する中で私自身もすごく勉強になりました。

 

集合!

学校イン!

途中私の発音が悪くて別のバス停で降ろされてしまいましたがなんとか無事に現地に到着できました。

みなさんはタクシーで到着。

榊原学の整体講座、桜縁座さんによる着付け教室、黒江ジャパンの皆さまによる漆器の蒔絵体験、ヨーロッパ野菜研究会 北康信のイタリア料理と日本酒、神田広人のうどん講座、須賀栄治、仁居弘一、五十嵐昭洋によるコント仕立ての日本の習慣と作法、全国やきとり連絡協議会の皆さまによるやきとりのタレづくりの講座の全7講座!

生徒さんはクラスごとに受ける講座が違います。

終わったあとのクロージングの時間も楽しみです^ ^

 

食と文化が奏でる鐘の音

おはようございます!フィレンツェは今早朝6時代です。

今日はイタリアの国立調理学校の授業の一環として日本文化の講義に伺います。7時半学校集合!

私、榊原はこれからバスで向かいますが、泊まるホテルも違えば現地への行き方も違う。集合する場所と時間だけが決まっていてそれぞれがその時間にはその場所に集まってくる。海外だからってみんなでせーのっと移動したりしないのは現地入りしてからも同じ・笑

それが川越style倶楽部のスタイルです☆

イタリアのバスは日本とは違って、あらかじめ雑貨店や新聞スタンド店などでチケットを購入します。

そのチケットを車内にある器械に通すと時刻が印字され、90分以内であれば乗り降り自由!

マスターするととても快適で便利です。

トスカーナ日本人会の方に先日丁寧に教えていただき、イタリアのバスの乗り方をマスターできました^^

それではいってきます!

鏡山ナイト

Hibiki-anフィレンツェ店、盛り上がってます!

小江戸鏡山酒造×やきとりひびきがお酒づくりから一緒に挑戦したピリ辛料理に合う日本酒もお披露目^^

昨年通訳でお世話になったジョバンニさんとも再会!!

フィレンツェ観光

今日は文化交流事業で伺っているイタリアの国立調理学校Saffiの生徒さんが英語でフィレンツェのガイドをしてくださいました!

日本人会の方にも詳しくガイドをいただき、ふらっと歩いていただけでは見逃していた見どころをたくさん教えていただきました。

明日は私たちが学校に日本文化の講義に伺います^ ^

ドナテッロ広場12時集合!のはずが?

今月の定例会は10/18(水)現地時間12時にドナテッロ広場集合。

ローマインで、ローマからフィレンツェへ電車で向かっていた私は見事電車が遅れて猛ダッシュで集合場所へ。

(余談ですが、電車が遅れていますなんてアナウンスは一切ないので、1・2分の遅れでアナウンスが流れる日本の電車は海外事情と比較すると信じられないですよね…。)

フィレンツェの中心街は川越の街のように歩いて回ることができます。
バスもとっても便利ですが、この時はまだ一切システムがわかっていないので、頼れるのは自分の足のみ(タクシーという手もありますが)

フィレンツェの街に感動する余裕も一切なくドゥオモの横をスーツケースをガラガラ引きずりながら駆け抜け、チェックインを済ませてドナテッロ広場へ。

あれ?

先輩方がいない。

これも海外あるあるですが、Wi-fiをレンタルしていっても、いざ現地に着くと使えないことは多々。
この日の私もローマでは使えたWi-fiがフィレンツェに入った途端機能しなくなり、連絡が途絶えていました。

現地では突如現地メディアの記者会見が行われていたそうです!

集合場所と時間は変わりましたが無事集合。

各地、密着取材などメディアの方々も合わせ約50名のメンバーの顔合わせ。

ミーティング後はSaffiのみなさまがお食事までふるまってくださいました。
イタリアでは本当に昼間からワインが!!!

会場の下見。
嬉しいポスターを発見!

いよいよスタートです☆