元HKT48「ゆうこす」こと菅本裕子の”年商7億円”個人事務所「KOS」の事業内容とは?

ゆうこす

元HKT48の「ゆうこす」こと菅本裕子が、なんと卒業後現在は年商7億円を超える事務所の社長となっているということです!

年商7億円ってすごいですよね。

その事務所は個人事務所「KOS」という事務所ですが、事業内容ってどんなことをしているんでしょうかね?

今回はゆうこすの個人事務所「KOS」について調べて行こうと思います!

ゆうこすの個人事務所「KOS」ってどんな会社?

HKT48を卒業した後に会社を立ち上げるなんて、すごいですね。

アイドルを卒業して起業しようだなんて、、発想もすごいですし、根性もありますよね。

ゆうこすの会社、どんな会社なんでしょうか。

ゆうこすの個人事務所「KOS」の事業内容とは?

ゆうこす

ゆうこすが立ち上げた個人事務所とは株式会社KOSということで、公式のサイトもありました。

株式会社KOSはSNSで個人を活かすための年次計画を立てたり、それをサポートすることを事業としているようです。

アイドルとして、じゃなくて、個人に焦点がしっかりと当たるように動こうとして、元アイドルを経験をしたゆうこすならではの考えです。

要は、インフルエンサーを作ろうってことですね。

インフルエンサーを探すため、今はオーディションも行っているようです。

https://kospro.jp/audition/

タレントも今や1700人となり、かなり大所帯となっており、かなりのパワーを持った会社になっているようです。

ちなみに、株式会社KOSって、「ゆうこす」の「こす=KOS」ってことなんでしょうね。

個人事務所「KOS」から「株式会社321」へ

ゆうこすは株式会社KOSだけじゃなく、「株式会社321」という会社も持っているようです。

「株式会社321」というのは株式会社KOSから分社化という形で設立されました。

分社化ということは、株式会社KOSの中の事業が大きくなってき、一つの会社として独立したようです。

ゆうこす、すごいな。

この分社化した事業ってどんなものなんでしょうかね。

「株式会社321」の事業内容はどんなもの?

ゆうこすの会社「KOS」から分社化した株式会社321の事業内容とはどのようなものなのでしょうか。

先程の株式会社KOSというのはインフルエンサーを作ろうっていうとこでしたが、今回の株式会社321というのはインフルエンサーの活躍する場を作り、かつサポートする体制を整えるといった形です。

モテクリエイターとして活動する「ゆうこす」こと菅本裕子の個人事務所である株式会社KOSは、2019年12月1日をもって、ライバー事業(KOSライバー部)を分社化し、新しく「株式会社321」をスタートさせることとなりました。

株式会社321は、ライブ配信アプリにて生配信をする、ライバーをサポートする事務所です。
もともと、KOSライバー部として数百名のライバーを抱えており、菅本裕子による勉強会等を実施してきましたが、この度、ライバーへのサポートをさらに手厚くするために事業を独立させることになりました。

◾️概要
1、担当マネージャー制導入
所属ライバー全員に業界トップクラスのマネジメント力を持った担当マネージャーをつけ、ライブ配信に関する悩み相談や、配信のノウハウ等、気軽にコミュニケーションをとることができる環境を実現しました。

2、男性ライバーの受け入れ開始
分社化を機に、男性ライバーの受け入れを開始。ファン層の拡大を狙います。

3、限定イベントの実施
ゆうこすを始め、ライブ配信のノウハウを持った講師による勉強会や、ライバー同士の交流会を実施予定です。

出典;公式HP

いい感じに企業が成長してきて、更にそこから分社という、本当にノリに乗っているというのがよくわかりますね。

この会社を元アイドルの女の子企業したということなので、驚きですわ、、。

まとめ

株式会社KOSと株式会社321はどちらも個人に焦点を当て、情報を発信をするというものでした。

一度はアイドルとなり、そこから卒業を経て起業をしました。

飽くまでも”個人”を主体としてSNSを軸にインフルエンサーを育成、情報を発信。

ゆうこすの気持ちに賛同する人も増え、今は年商7億円の会社へと成長しました。

SNSのちからを舐めてはいけないということですが、これからの時代はまさしく個々で力を発揮していく時代なんですね、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です