【華原朋美】暴行事件の真相は?自称会社員の正体は記者で取材をしようとしていた?

連絡あり

歌手の華原朋美さんが暴行を受けたとして、相手の男性が逮捕されました。

どうやらタクシーで付きまとわれたということですが、変質者やストーカーということであればこれほど怖いことはないですよね。

警察沙汰にまでなり、事なきを得て一安心かと思いましたが、、、この事件についてはネットではしばしば物議が起きています。

この会社員は何者で、正体や目的はなんだったのでしょうか。

華原朋美をつけていた自称会社員の逮捕について

華原朋美が逮捕された記事がこちら。

 歌手の華原朋美さん(46)の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は16日、東京都江東区の自称会社員の男性(32)を暴行容疑で現行犯逮捕した。「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は16日午前10時半ごろ、品川区大崎の路上で華原さんに暴行したとしている。華原さんにけがはなかった。2人に面識はないという。

 大崎署によると、華原さんは都内をタクシーで移動中、追いかけてくる別のタクシーに気づいた。華原さんがタクシーを止めて下車し、後続のタクシーに乗っていた男性を問いただしたところ、腕をつかまれるなどしたという。

 華原さんが自ら110番し、駆けつけた警察官が男性を確保した。大崎署は華原さんがつきまといの被害に遭ったとみて経緯を調べている。【柿崎誠】

出典;yahooニュース

華原朋美のタクシーを、タクシーで追いかけ回したようです。

これはストーカーだとしたら、かなり怖いですよね。

というか、運転していたタクシーの運転手もヒヤヒヤしてたんじゃないんでしょうか。

華原朋美が無事だったことに安心の声

華原朋美が無事だったことにネットでも安心の声が多く上がっていました。

華原朋美はお子さんもいますし、なにかあってからでは遅いですもんね。

男性は逮捕されたことで、誰も怪我等なくて本当に良かったです。

この会社員は記者だった?スクープを求めていた

hakken

華原朋美に暴行を加え逮捕された男性は自称会社員ということでした。

よくニュースで見る「自称会社員」は実は仕事をしていない人、ということも多いですが、、、

この男性はお金の掛かるタクシーで追ってきたことから、本当に定職に就いているのではないでしょうか。

となれば、、、この男性は実は記者で、スクープを探して華原朋美の後をつけていた可能性があるのではないでしょうか。

そうだとしたらタクシーでずっとつけていた理由も納得ですよね。

暴行ではなく抵抗をしていただけ?

華原朋美が暴行を加えた男性が実は記者だった場合、もしかしたら暴行を加えていないかもしれません。

男性は今のところ、暴行を否定しています。

また、タクシーを止めて男性が乗っているタクシーの場所まで行き乗り込んでいきました。

その時に華原朋美が掴みかかってきたりしてきたのを防いでいた、ということは考えられないでしょうか。

もし本当に記者であれば、取材をしたかったのかもしれませんが、、、タイミングが悪かったですね。

まとめ

今回は華原朋美に暴行を加えた自称会社員について見ていきました。

男性は自称会社員で、暴行を否定しています。

結果的に華原朋美にも怪我はなく良かったですが、、、

もしかしたらこの会社員は記者で、取材をしようと思って後をタクシーでくっついていたのではないでしょうか。

しかし、華原朋美ということであれば本当に危ないことに巻き込まれるやもしれません。

とにかく、無事で良かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です